若い頃と同じ基準で伴侶は決められない

伴侶選びの間違い

男性も女性も、若い頃、

「伴侶となる人を選ぶ時は、両目でじっくりと相手を見てから選び、結婚したら相手のイヤな面も見えてくるけど、それは片目を閉じればうまくやっていける・・」

というようなことを上司や周囲からアドバイスされた方も多いのではないかと思います。

 

でも、でも、

選ぶ前に両目でしっかり見ていたら、こんな年になるまで結婚できませんでした~!!

という方は多いですヨ。

 

上記のアドバイスは、20歳前後の若者に向けた言葉なら、適切なのでしょう。

早まった結婚をして、子どもが出来たのにかまわずさっさと離婚して・・・

こんなことをしていたら、不幸な人が社会に増えるだけですものね。

 

もう25歳を過ぎてアラサーになろうとする頃から、

両目を開けて相手を選ぶ習慣はやめた方がいいです。

 

はっきり言って、分別がつけばつくほど、結婚相手は見つけにくくなります。

頭で考えてしまう割合が高くなるんですよ。人はどうしても。

 

頭で考えるとどうなるか、というと、

友達の彼氏や過去に会った人と比較したり、

相手の家系や家族を気にしたり、

相手の気に入らない些細なクセまで探し始めたりします。

完璧な人なんて世の中にいないのですからね。

 

 

どんどん打算も強くなり、

「ここまで待ったのだから、妥協しないで他を探そう。」

なんてことになってしまいます。

ここまで待ったのだから・・と言いますが、

ここまで待って現れなかったのですから、これ以上待っても現れる確率は極めて低いでしょう。

たとえ、そういう人があなたの前に現れたとしても、

そういう人はライバルが多く、若い女性またはあなたが男性だとしたら、あなたより条件のよい男性をその人は選ぶ可能性があるということです。

よく「勢いで結婚した!」と言う人がいますが、それは本当です。

結婚には勢いが必要です。

 

では、どうすればよいのでしょう。

それは、

結婚する前から片目を閉じていればいいんです。

私ぱ27歳で結婚しましたが、結婚したときは、完全に片目を閉じていましたね。

でないと、批評家で頭でっかちだった私は、きっと結婚できないだろう、と考えていましたから。

片目を閉じようと考えて閉じたのですから、そういう意味では頭で考えた、と言えなくはないですが。

「それで大丈夫だったのですか?」

とよく聞かれますが、

「大丈夫でした。」。結婚ウン十年ですが、離婚しないでやっていけてます(笑)。

 

◆こんな結婚相談所はいかがでしょうか

30代以上を対象とした会員制クラブ【Private Members Club】

24年間の実績。全国56,000人の会員登録。担当者と二人三脚で貴方の婚活をサポートします。

仕事をもっている方のプライベートを充実させるということをミッションとしている会社です。

男性は20代から50代、女性は、20代から40代を想定しています。

会員の詳細は、

【男性】は、大手上場企業、経営者、医師、士業、公務員、クリエーター、外資等お勤めの方

【女性】は、OL、看護師、保育士、医師、秘書、マスコミ、客室乗務員等

貴方に合わせた料金プランも設定できるとのことで、相談してみてはいかがでしょうか。

30代以上を対象とした会員制クラブ【Private Members Club】


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

結婚したい人は寝る・食べる・仕事する 以外は婚活しましょう 管理人:KYOKO

ポチッと応援ヨロシクです~^^

スポンサーリンク




婚活パーティーを開催している婚活コンサル直伝!リアリティが違う!メルマガ「プチ婚活戦略教室」の申込み(無料配信)

お申込みはここをクリックしてください。

婚活パーティーで40~70%の方がカップルになれる理由など、ブログではなかなか言えないこともメルマガで配信します!

最近の投稿

▲トップへ戻る