婚活パーティー 嫌われるNG集!

婚活パーティーの主催者側から見て、「あらら・・」と思った実例を集めてみました。今後の参考にしてください。>>あなたのNGが劇的に変わります!1週間の無料レッスン ⇒ プチ戦略婚活教室

婚活パーティーの服装のng!ちょ、ちょっとそれ待って!!

× ドレスコードがスーツだったのにも関わらず、通知を見落としたのか、あろうことか短パンとトレーナー姿で来た50代の男性。

 ⇒ドレスコードを無視することは、主催者側にも迷惑をかけることになりかねません。全体の雰囲気を考えて企画していますからね。彼はパーティーの中で一人浮いていましたが、会話の内容と雰囲気が良かったのか、カップルにはなれました。彼の経歴からすると、カップルになってもおかしくはありませんが、あの服装では奇跡としか言いようがありません。いまだに伝説のような思い出です。

 

× ドレスコードがスーツだったのにも関わらず、小物から靴まで個性的な全身コーディネイトで決めてきた20代の男性

 ⇒お手本となるようなコーディネイトで素晴らしかったのですが・・・他の方が全員スーツの中では、浮いてしまい、残念な結果となってしまいました。女性は、求められたことを無視する人は、約束ごとを守れない人、と受取ります。くれぐれも主催者側の通知はよく目を通しましょう。

確か男性はスーツって書いてあったと思うけど・・・?

× 太っているのに、サイズの小さいシャツを着ているがために、出っ腹が目立つ40代男性。

 ⇒いくら性格が良くても、婚活パーティーという短時間で判断しなければならない所では、判断材料のほとんどは、見た目となるため、サイズの合っていない服装は、小さくても大きくても、印象が良くなく、まず選ばれません。

 また、今どきの男性は、太っていてる人は出世しないと言われています。企業の中でも、健康管理がてきない人は、昇格は難しいとされています。女性はそれを知っていますから、会社勤めの人についていえば、服装の問題以前に選ばれなくなります。そうしたこともあり、これまでの不摂生でお腹が目立つ男性は、とりあえず服装はお腹が目立たないものを着るしかありませんが、一生懸命ジムに通ったり、ダイエットをする必要がありますよ!

 

×服装を自由とした婚活パーティーにママファッションで来た

 ⇒ママファッションとは、保育園や幼稚園でよく見かけたり、自転車に子どもを乗せて送り迎えをしているママたちに人気のある独身女性はあまり着ない服装のことです。ウェストがわからないチュニックにジーンズという服装が多いですね。そうした服装は、独身女性はまず着ませんから、若そうでいて年齢が高いか結婚歴があるのかな、と疑われるかもしれません。ウェストがわからないものは、男性ウケしません。ウェストが太くてもマークし、女性らしい体の線が出るものにしましょう。

 

× 服装は自由、という少人数のパーティーだったのですが、そこに、今まで庭で草むしりをしていたの?と思えるような服装の女性が、、、。しかも、会が始まってもうすぐ1時間という時に、走ってきたように登場。黒い男性のようなポロシャツに黒いジーンズ、髪は一つに束ね、ノーメイク。もちろん、少人数ですから、皆と会話はできましたが、誰も彼女を選びませんでした。

 ⇒婚活パーティーの日は、準備を余裕をもってしたいものです。

 

>>女性からも男性からも嫌われない服装はこちら⇒ 婚活パーティーの服装でおすすめのファッション【男性・女性対応】

 

× バーベキューパーティーなのにドレッシーな服装で登場。機敏に動くこともできず、ただ飲んで食べるだけに終わったアラフォーの女性。

 

>>男性ウケ、女性ウケするバーベキューで失敗しない服装はこちら⇒

婚活パーティーでバーベキューに行く時の服装、おすすめのファッション

 

× ノーメイクで参加した30代の女性

⇒ 婚活パーティーは、いうならば、自分を相手に売り込む場所です。最高の自分を出すべき所で、最高の演出ができないでどうするの、と言いたいところです。化粧の濃い人は嫌われますが、まったく何もしない女性も避けられます。眉毛はボーボーで、口の周囲に産毛が漂い、唇はカサカサ。年より老けて見られますし、比較の問題ですから、男性の目は、他の美しくしている女性に行きます。女性も、自分の主義主張をオモテに出すのは後からで、まず先に付き合う相手とマッチングしなければ何も始まりません。自分は化粧は嫌いなので、ありのままの自分を見せて相手に選ばれたいということならば、20代前半までです。30代はそれなりにお化粧しましょう。

 

NG行動!NG会話で失敗!!

× いつもマッチングが不成功の同じ男性が、会場の外で複数の女性を待ち伏せして、ラインの交換や電話番号の交換をしつこく尋ねた件。

 ⇒大人なので通常は自由なのですが、女性の中に怖がる人がいたため、以後その方は出禁となりました。

 

× 会話のほとんどが、刑事のようにしつこく家族のことや年収などを聞くことに終始した40代の男性。後で女性からクレームが出ました。

 ⇒婚活パーティーは事情聴取ではないので、お見合い未満の、会話を楽しみながら、この人ともっと話してみたい、付き合ってみたい、という人を選ぶ出会いの会だと思ってください。プロフィールカードで自己紹介し合うタイプのパーティーで時々見かけますが、男性側が、上から目線で女性に尋問してくるという光景。

なんでそんなこと、いちいち答えなければならないの?私この人のこと、気に入っていないのに。

イヤな印象しか持たれないので気をつけましょうネ。

 

× 自己紹介の時に、「家がこのほど倒産しました。」と最初に吐露したために、女性は皆逃げた男性。

 ⇒落ち着いて、生活できるようになってから、婚活パーティーに来てください。

 

× 「先日マッチングした理想の女性に振られまして・・・。」と未練たっぷりに白状したために、パーティーでは、女性から嫌われてしまった男性

 ⇒「そんな心のない人とは付き合いたくない。」というのが、相手の女性の心理ですよ。「本当は、その人がいいのに、仕方なくパーティーに来ているのね。」と。言う必要のないネガテイブなことは、言う必要がないのです。

 

× 見た目が若かったのに、自己紹介で年齢を言い、「こんなおばさんですが、今日はよろしくお願いします。」と自分を卑下したために、誰も近づかなかった女性。

 ⇒自己紹介で、皆が年齢を言っている場合でも、主催者から指示されていなければ、言いたくないことは言わなくていいです。

×最初に「ボクは子どもが欲しいんです。」と言った男性

 ⇒もちろん、私は結婚したら子どもをもって欲しいと思っていますヨ!男性にも女性にもそれは言いたいです。が、あからさまにそれを言うと、「この人は跡継ぎを作る道具としか女性を見ていないかも」と女性は思ってしまうのです。すると、女性の心のシャッターがガラガラと降りてしまい、その後のコミュニケーションはとりにくくなってしまいます。

× 何枚ものマッチングカードに全ての女性の名前を書いてリクエストした男性

⇒ 女性たちには、その男性が全部の女性に「付き合ってください」とリクエストしたことを知っています。女性ならば誰でもいい、と受け取るでしょう。そういう男性とは、普通の女性はOKしません。

× 話の内容が、ついつい上司の悪口と下ネタをはさんでしまう40代男性

⇒ 話を聞かされたのが20代から30代前半の女性でしたら、結婚相手としてその40代男性を見ることはできないでしょう。もはや良くない意味で「おじさん」の領域。

× 最後まで笑わず、自分から何も話しかけなかった男性

⇒ 本当は女性とたくさん話したいのに、口をへの字に曲げて、ずっとむっつりしていたため、女性から相手にされませんでした。特に、色黒でむっつりしたお顔立ちの男性は損です。女性はその人を怖いと思ってしまい、女性から話しかけることはまずありません。服装を整えるだけでなく、笑顔と会話を常に心掛けましょう。

× 「趣味は心理カウンセリングです。悩み事や心配事について自分に聞いてください。」と、自己紹介で男性に言われて、喜ぶどころか女性は気味悪がって遠ざかりました。

⇒ 女性はむやみに自分の悩みを人に打ち明けることはしません。女性の悩みを少し聞けるのは、占い師か本物のカウンセラーだけです。それでも親しくならないと本当の悩みはなかなか話してくれません。趣味レベルで人の心理を探りたがる人に魅力は感じません。それどころか、かえって警戒して遠ざけます。

× 同じくらいの年齢の女性を陰で「おばさん」と言っていた40代男性。

⇒ 婚活パーティーで気に入った女性に、「あのおばさん、ちょっとね~。」と、その女性に他の女性の批判をした男性は、気に入った女性からも嫌われました。女性は同性をおばさん呼ばわりした男性は好きにはなれません。自分も言われるだろうと察するということも理由の一つですが、年齢で優劣をつけたがる男性に共感はしないからです。

× 婚活飲み会(合コン)で、最初はウーロン茶だったのに、次第にビールから焼酎、日本酒となり、最後は大騒ぎしてひんしゅくを買ったアラフィフの女性。

⇒ お酒に飲まれないようにしたいものですね。最初は淑女のように振る舞っていたのに、お酒で自分の地が出てしまいました。せっかく男性ウケする服装をして綺麗にして来たのに、バケの皮がハガれたみたいになってしまいました。周囲の男性も飲んでいましたが、さすが婚活男子、ほぼシラフでした。独身の男性のいる場でのお酒は、まだ飲みたい、という最初のところで止めておきましょう。

「見逃しの三振より空振りの三振」で!

× 何度かパーティーに参加されているのに、いつもマッチングカードが白紙の女性。お目当ての男性がなかなか見つからない様子。でも、実は男性からも全く選ばれていないのです。

 ⇒ 厳しい目で相手を見すぎてしまっていると、会話もはずみませんし、何となく態度が出てしまうものです。ですので、男性からも求められるということもなくなります。せっかくパーティーに参加したのですから、人をマイナス査定をするのでなく、プラス査定するように意識をもっていくのがコツです。人はどこか良いところが必ずあります。スカウトのつもりになって、そこをうまく見つけるのも、あなたのワザ。みすみす見逃すのでなく、心も身体もアクションを起こして、情勢を変えましょう。何かアクションを起こせたら、その日参加したあなたは成功者なのです。

 

こんな人はお断り!婚活コンサルから見てNGな人

× 約束を守れない人

⇒ 何の連絡もなく当日来なかった男性。「カゼひいて熱が出たので連絡ができなかった。」と後で言い訳しても、あなたそれ、以前もそうだったわよね!というような方。出禁となりました。

  どれだけ広い心をもったボランティストの私でも、こういう方はいずれ他人に迷惑行為をしかねないので、参加をお断りすることにしています。

 

>>あなたのNGが劇的に変わります!1週間の無料レッスン ⇒ プチ戦略婚活教室

>>公務員の多い婚活パーテイーはこちら ⇒ NPO法人カナライズ

合わせて読みたい******************************

◆婚活パーティーの男性の服装【失敗例】

婚活パーティー ヤバ過ぎる!

**************************************

 

あなたの婚活がうまく進み、良いパートナーに恵まれますように  KYOKO

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

結婚したい人は寝る・食べる・仕事する 以外は婚活しましょう 管理人:KYOKO

ポチッと応援ヨロシクです~^^

スポンサーリンク




婚活パーティーを開催している婚活コンサル直伝!リアリティが違う!メルマガ「プチ婚活戦略教室」の申込み(無料配信)

お申込みはここをクリックしてください。

婚活パーティーで40~70%の方がカップルになれる理由など、ブログではなかなか言えないこともメルマガで配信します!

婚活パーティーの服装でおすすめのファッションはこちら

最近の投稿

▲トップへ戻る