婚活アプリで傷つくことってあるある!

婚活アプリを利用していると、ある日突然ブロックされたり連絡がとれなくなってしまうことがあります。「何で!?」と驚きと同時に傷つくこともあります。婚活アプリに登録していたことをナイショにしていたら、友達にも家族にも打ち明けられず、一人で悩んでしまいがちです。

でも、傷つかないで!

これ読んで心の休憩をしましょう。

婚活アプリで傷つくことワースト5~こんなことされたら、誰でも傷つく!~

あなただけではありません。こんなことされることって、結構事例としてあるんです。

プロフィールに「年上ご遠慮」だって!?

30代、40代が婚活アプリを使用すると、プロフィール欄を見ただけで断られるということがあります。

ズバリッ!「年上はごめんなさい」「〇歳以上はお断りさせてください」などの年齢制限です。

たいがい書いているのは、若い人たちです。

単純に検索結果を見ただけなのに、門前払いをくらった気持ちになって傷つくかもしれません。

突然相手と連絡がとれなくなった!

仲良くコミュニケーションをとっていて、そろそろ「会いたい」と連絡しようかと思っていた矢先に、相手と何の前触れもなく連絡がとれなくなった・・・!?という場合があります。

どのような内容を送っても『既読』さえつかない。

自分が何か相手の気の障ることを言ってしまったのかと思い、やり取りの履歴を見ても、特段問題のあるようなことは言ってはいない、何が原因か考えても思い当たらない。もはや相手が同時進行の相手とうまくいって、こちらを切ってきたとしか考えられません。

・・・こんなことをされると誰だって傷つきます。

きちんとこちらに断ってくれたら、相手の幸せも祝ってあげられるのに、と思いますよね。

ラインのブロック

ラインのIDを交換したのでより親密になれたかなと期待していたら、ブロックされてしまった。

「あら?」と思い、婚活アプリの方を見ると、やはりブロックされている・・・。

上記のような話は度々耳にします。

ブロックされると、2度と復活することはありません。気になっていた人であればあるほど、傷つく程度も大きくなります。プロックするくらいなら、ラインの交換なんかしてほしくなかった、と思いますよ。

初デートなのにドタキャン

これもよく聞く話です。ひどい人は、同じ人に2回も続けて待ちぼうけのドタキャンされています。酷い話ですよね、聞いたこちらも泣きたくなりますよ。

婚活アプリで出会い、連絡を重ねてやっと初デートの約束もでき、明日はデートだ、どんな服を着ていこうかな、と悩んでいたら当日ドタキャン。

この間送った自分の写真がマズかったからなのか、最後のやり取りが気に入らなかったのか、と自分を責めてしまったりもします。

相手に「埋め合わせするから。」と言われても、それも信じていいのか人間不信にもなりかねません

写真映りいいですね、と言われた

婚活アプリで知り合った人と初デートのときに、楽しくお話していたら、「写真映りいいんですね。」と言われた30代の女性。

相手はオブラートに包んで言ったとしても、彼女は「ブスだ」と言われたと捉えました。

画像の加工写真でなく、たまたま上手に撮れた写真だったのでウソではないが故に、そのようなことを言われて傷つきました。

婚活で傷つくといいことなし

このように楽しく婚活ができず、傷つけられることが多くなると、いい結果は出てこなくなります。

人間不信になってしまう

まず言えることは、人に何度も傷つけられたり、とことん傷つけられると人間不信に陥りがちです。婚活アプリで新たにやり取りを始めた相手に対しても、どこか斜にかまえたり、どうせこの人も裏切るのだろう、と疑ったりもしてしまいます。

これだけならまだしも、知り合った相手をネットストーカーのようにネットで徹底的に調べ上げ、自分がこれ以上傷つかないように神経質なほど注意をする人になってしまうこともあります。

そうなってまうと大らかさがなくなり、婚活することも大変になってしまいます。

焦りが顔に出るようになる

婚活アプリで連絡が来なくなると、相手が他の人とカップリングしたと疑い、いろいろ分析してしまうことかあります。このことによって、かえって自分が傷つき、焦りが出てきてしまいます。

他人の婚活体験談を見ても、自分に足りないものは何かと悩んでしまい、急いで行動しないといけない、と焦るようになります。焦ってばかりいると、いいことがなかなか起こりません。あなたらしくない行動をとったり、時には間違いや勘違いも発生させたりします。そうしたことで、また傷つくということになりかねません。

自分も相手に対して不誠実な行動をしてしまう

ドタキャンや突然のブロックなどの不誠実なことをされると、イヤな気分になります。そして、そうしたことがたまたま連続して発生すると、意識が低下して他の人にも同じことを今度は自分がしてしまうことがあります。いわゆる負の連鎖です。

婚活アプリで傷ついた人は、また他人に対しても不誠実なことをしてしまうことがあると、自分の心を強くもちたいですね。

婚活をやめたくなる

何回も傷つくと、もう婚活はこりごりだと思い、先の見えないことに疲れた、もうイヤだ、婚活をやめたらラクになるのではないか、と考えるようになりがちです。

婚活するのも一時やめるのも自由です。

傷ついて本当にやめてしまう前に、一旦休止するのもよい考えです。傷つくために婚活をしているのではなく、良い人と出会い幸せな結婚をするために婚活しているのですから。婚活したい、というそうした気持ちに十分回復するまで、無理せず他のことをやってみるのもよいかもしれませんね。

婚活アプリで傷ついたと感じたら、自分で自分をケアしよう

上のような傷つくような事柄は、誰にでも起こり得ます。

まずは、➀自分だけに起こっている、と思わないようにしてください

他の人も少なからず、傷つくような経験はしていると思ってください。

そして、②婚活アプリに疲れたらしばらく休むこと。

今連絡取り合っている人との連絡回数を今より少なめにすること。なぜならば、あなたは傷ついて疲れて休みたいと思っているのですから。

そしてまた④婚活しようかなという気になったら、再開すればよいのです。

⑤また、気分転換をするのも良い方法です。自分の趣味や好きなことに熱中したり、自宅でダラダラしてみる、ちょっと旅行に行ってみるなど、自分の好きなことをして気分転換してみましょう。

婚活から離れて違うことをすることで、結婚やっぱりしたいなと思えたら、心が復活してきた証拠です。傷ついて復活したあなたは、きっと以前よりメンタルが強くなっているはずです。頑張ってステキな相手を見つけちゃいましょう。

まとめ

婚活アプリを利用していると、いろいろな人に出会い、いろいろなことにも出会います。良い出会いにつながって、幸せな気分になることもありますが、自分に全く非がないのに何故か拒否されたり、直接傷つく言葉を言われたりすることもあります。

これは、婚活アプリはものすごく多くの人と出会うことができるために、困った人と出会う確率も増えてしまうからです。また、同時進行で、いろいろな人と付き合えるというアプリならではの環境も関係しています。

こういうことがある、という認識をもっておきましょう。傷ついて、もし婚活に疲れたら、ちょっとお休みして、復活したらまた婚活しましょう。

あなたの幸せをお祈りしています。婚活コンサルKYOKO

 

結婚したい人は寝る・食べる・仕事する 以外は婚活しましょう 管理人:KYOKO

ポチッと応援ヨロシクです~^^

スポンサーリンク




婚活パーティーを開催している婚活コンサル直伝!リアリティが違う!メルマガ「プチ婚活戦略教室」の申込み(無料配信)

お申込みはここをクリックしてください。

婚活パーティーで40~70%の方がカップルになれる理由など、ブログではなかなか言えないこともメルマガで配信します!

最近の投稿

▲トップへ戻る