私はこれで結婚した!独身と出会った婚活読者体験談♬

どこに行けば独身に会える?出会いがないというあなたのための出会いの場はここ!

 国の調査によると、20代30代の方で結婚するにも出会いがないという方が半数以上いるということがわかっています。

私たちグループは、出会いの場の創出のために婚活パーティーを定期的に開催していますが、なにも出会いの場は、それだけではありません。

ここでは、独身に会えるオススめの場所を読者体験談とともにおしえちゃいますヨ~(⋈◍>◡<◍)。✧♡

図3 交際への不安(未婚者、かつ現在恋人がいない人)〈複数回答〉【性・年代別】

某有名婚活サイトで、結婚したお相手と出会ったきっかけについて、アンケートをとった結果、以下の順だったそうです。

1位 職場 

2位 友達の紹介

3位 SNS、ネット

4位 合コン

5位 昔の同級生、友達

6位 イベント・パーティー

7位 趣味・習い事、サークル

8位 ナンパ

9位 結婚相談所

10位 友人の結婚式

 

また、口コミサイト「みんなのウェディング」では、

1位 職場・バイト 32.2%

2位 学校     13.9%

3位 知合いの紹介 13.9%

4位 合コン    12.4%

5位 その他    27.8%

という結果が出ています。

 

さらに、結婚式場情報サイト「すぐ婚navi」では、

1位 職場

2位 知人からの紹介

3位 SNS・ネット関連

4位 仕事の取引先・お客様

5位 合コン・街コン

6位 仕事以外のサークル・趣味関連

となっています。

 

やはり、職場結婚や友人知人からの紹介は、王道なんですね。

でも、職場に対象者がいなかったり、近くに頼りになる知人もいなかったりすると、この王道に乗れない人たちも結構多いのです。

そういう人たちは、結婚相談所や婚活パーティーで相手を見つけるのかと思いきや、

これまでの時代になかった、SNSやネットを介して知り合うという人もとても多くなっています。

経済産業省の調査では、以下のとおり、あらかじめ会員が登録したデータに基づいて、結婚を希望する男女に対し、相手を紹介するデータマッチング型サービスにより結婚した人は、男性が8.8%、女性が12.1%となっており、昔ながらの結婚相談所より多くなっています。

ちなみに、インターネット型サービスとは、インターネット上において、会員が自主的な活動により、希望する相手と交際することを支援するサービス等をいいます。

ネットで知り合うといっても、出会い系サイトのようにフリーで知り合うのでなく、マッチングアプリや結婚相談所のデータマッチングを利用して知り合うなど様々です。

いずれにせよ、今は独身者のニーズに応えて、それなりに出会う方法はいろいろあるのです。

独身の出会いの場所はここ

社会人の出会いのきっかけは職場が不動の1位

社会人になって最も長く過ごす場は、何と言っても職場です。そこに独身の異性の先輩や同僚がいて、接する機会も多く、しかもその異性が優しかったり頼もしかったりしたら、気持ちが引かれるのも自然の流れかもしれませんね。

友人・知人に出会いを求めるのもいい!

仲の良い友人や、あなたのことを気にかけてくれる知人の紹介で異性と知り合うのは、安心ですよね。友人・知人が相手のことをよく知っているからです。そういう点から、交際の進展も早くなったりします。

以前は、親類の叔母さんなどが、見合い話を持ってくるのが常だった時代もありましたが、ついぞそういう話は聞かなくなりましたね。

〈読者の体験談〉~~~~~~~~~

友人の紹介で出会い、女2人・男2人で一緒に食事に行きました。出会った日に相手から「明日暇なら、2人で出かけよう」と誘いを受け、一緒に出かけた所から結婚までの道のりが始まりました。 普段私は誘われてもすぐに断る方だったのですが、年齢も年齢で周りもどんどん結婚していくので焦っていたこともあり、全く興味のない方だったのですが2人で会ってみようと思い踏み出しました。 年齢も9つ離れていた(相手が上)のですが、話も合うし、どこにランチに行くのか、ランチが終わったあとはどこに行くのかなど全て決めてくれていて、優柔不断で自分ではなかなか決めきれない性格の私にはリードしてくれる相手がすごく頼もしく見えました それから1ヵ月もたたないうちに付き合うことになり、私が「親に会って欲しい」と頼むとすぐに会ってくれ、私の実家にご飯を食べに来てくれたりと、誰とでもすぐに打ち解けられる所が「この人とずっと一緒にいたいな」と思い、結婚を決めました。 また、すごくアクティブで私とは正反対の性格だったので、お互いがお互いの足りない部分を補っている感じがすごく良かったです。 それから約1年半後にプロポーズをされ、結婚をしました。

自然な出会いは無理だと思ったらネットを利用

PCサイトやSNSで知り合ったり、マッチングアプリを利用してカップルになる人は、これからも増え続けるでしょう。アメリカでは、既に結婚する人の1/3がネットを利用して知り合った人ということです。日本もますます、そういう傾向になってくるに違いありません。

〈読者の体験談〉~~~~~~~~~

私が主人と結婚をしたとき、私の年齢は40代を超えていました。知り合ってから、結婚にいたるまでの期間は約2年です。それまでは、この年齢で独身ならば、もう結婚はしないだろうと考え、自分の老後の計画などについてチラホラ考え始めていた時期でもありました。ですが、だからといって可能性をあきらめた訳ではありませんでした。ですが当然出会いはなく、婚活をするには女性として年齢が行きすぎているんじゃないかとの気後れもありました(今となっては全然そんな心配は必要なかったと思います)そんな私が主人と出会ったのはPCのサイトでした。そこでは恋人募集だけでは無く、趣味の仲間や飲み友達募集など広くいろんな方とメール等できるようになっており、気後れやコンプレックスのあった私でも利用しやすかったのです。そのサイトを通して、何人かとやり取りをしましたが、主人が一番話し(メール?)しやすくて、顔が見えない分、素直な自分を出すことができました。結果として、それが良かったのだと思います。素直な分でいることが。メールのやり取りを数ヶ月続け、会いましょうと誘ったのは私の方でした。それはそれは大変な勇気が必要でした。この時のことを、後に主人から「メールの文面から、慎重な性格であること、自分とのこのメールを楽しく、大切に思っていること等が伝わり、いつか会ってみたいと思っていたが、慎重な君を怖がらせたくなかったので、なかなか言い出せなかった。会おうと行ってくれて嬉しかった」と伝えられ、あの時、勇気を出して本当に良かった。素直な自分でいて本当に良かったと心から思いました。会うようになってからは、自然と今後の2人の生活について話すようになり、40代のうちにウエディングドレスを着せてあげたいと言ってもらい、結婚の運びとなりました。

~~~~~~~~~~~~~~~

ステキな話ですネ♡

昔は雑誌の後ろのページに「文通したい」という方の連絡先一覧が載っていて、そこで趣味の合いそうな人に手紙を出してペンパルになる方法がありましたが、今はメールなんですね。

でも、さらに新しい出会いの方法として、マッチングアプリなども使ってみてはいかがでしょう。

40代の方でも使っていますよ。

今やそういう時代。結婚した人の5人に1人がマッチングアプリで知り合った、というデータもあります。利用している人は複数利用しています。

まずは、気軽に始められるアプリで試してみたらいかがでしょうか。利用はルールを守ってくださいネ。

pairs3

>>出会い系アプリは危険?!結婚につながる価値あるアプリはこれ!

婚活パーティーで知り合う

結婚相手を見つけたい、という思いで独身が集まるのが婚活パーティーです。ここでは、相手のことを知る時間がさほどないため、一挙に結婚まで進む、ということはないにしても、効率的に独身と出会えて、しかも気軽に参加できるということから、出会いの場としては、かなり有効です。

ただ、成婚率からは、それほど高くはないので、真に結婚を急ぎたい人にとっては、婚活パーティーだけに頼るのでなく、他の方法も併用されることをオススめします。

合コンで知り合う

どの調査でも合コンは出会いの4位に位置付けられており、少なからず出会ったきっかけは合コンだった、という方はいます。

〈読者の体験談〉~~~~~~~~~

甘えることが苦手で、彼氏ができてもずっと緊張しっぱなしで、初めての彼氏には7ヶ月で振られてしまいました。そんな私は知合って2人でご飯に行くまでは進むのですが、その後は続きません。そんなことを繰り返していたら28歳になっており、周りもどんどん結婚していくし焦りまくっていました。何がいけないのか分からなく自信喪失していた時に会社の先輩がセッティングしてくれた合コンがあり、人数合わせのために来て欲しいと。お世話になっている先輩だったのでそう言われて参加することにしました。相手の平均年齢は私より5歳くらい年下ということで全く気合も入れずに参加したのですが、そこで主人に出会いました。主人も同じように人数合わせのために参加したようで、年も私と同じ28歳だったので話も合いずっと話していました。初めて会ったのに会話がスムーズだし、気合いをいれていかなかったせいか自分を飾ることもなく楽しく会話をしました。いつもなら次回のお誘いも断られたらどうしようとか悩みながらなのですが、本当に自然な流れで今度、あそこに行こうとなりました。その時に、この人となら素の私が出せると思いました。付き合い始めた時から結婚やその後のことについても話すことがあり、お互いの家族を大切にしてくれているところ、甥っ子姪っ子からとても好かれていて子供が大好きなところを見て、この人と結婚したいと思いました。

街コンで知り合う

全国各地で街コンは行われていますが、地方都市では街コンはあっても年1度など、機会はそう多くないようです。

でも、そういう機会をとらえて、独身ならば友達誘って行ってみるのも良いのではないでしょうか。

実際、街コンで知り合って結婚したという読者さんもいます。

〈読者の体験談〉~~~~~~~~~

夫とは街コンで出会いました。当時私は地元から仕事のため大阪に来たばかりでした。周りに親戚や友人もおらず、職場と家の往復の生活に危機感を覚え街コンに参加しました。1回目の街コンではいいご縁は無く、2回目に参加した街コンでした。短時間の間に何人もの男性と話し、ラインを交換したのですが街コンが終わってから顔と名前が一致しているのは1人だけでした。それが今の夫です。その時は特に何とも思ってない対象で、名字が珍しかったから記憶に残っただけでした。その後すぐ飲みに誘われ、初デートをしました。ただ、当時は恋愛対象ではなく知り合いが増えたらいいな程度の気持ちでOKしました。結局、その程度の気持ちだったのが結婚の決め手の1つになりました。  そのようにお付き合いを初めて、それからは週末にデートをするようになりました。最初は飲み友達でいいと思って彼の個人的なことはあまり聞きませんでした。後に彼の勤め先は有名な会社だと分かったのですが、最初から勤め先を気にしなかったことで私の好感度が上がったと言ってます。結婚を意識し始めたのはお互いの地元に遊びに行って家族に紹介したころです。親に紹介したら後には引けない気持ちになり真剣に将来について、具体的には貯金やこれからの仕事について話し合うようになりました。その結果お互いの将来設計に大きなずれは無く、一緒に生活していけそうと思ったのが決め手となりました。それから出会って約2年でプロポーズをされ、2か月の同棲のあと入籍しました。式はその半年後に挙げました。夫にはものすごくときめいたことはありませんが、大事にしたい、2人の生活を大切にしたいと思える人です。そして夫からも大切にされていると感じる生活を送れて、とても幸せです。

結婚相談所を利用する

確実にお見合いができて出会えるというのが結婚相談所です。入会するにはお金を払えば誰でもいい、ということではありません。結婚相談所にはそれなりの入会の条件があり、条件の緩いところほど会員数が多くいろいろな人が入会しています。

私の知る結婚相談所では、入会すると2年以内にほぼ6~7割の方が成婚退会するそうです。残りの3~4割は様々な理由でどうしても残るそうです。

でも、2年間のうちに6~7割が結婚できるって、すごい!

婚活パーティーでは、2年前から参加しつづけて結婚していない人って、結構いますから。

〈読者の体験談〉~~~~~~~~~

30歳を過ぎて、周りの友人達が次々に結婚していく中、恋愛は失敗ばかり、気持ちだけが焦りまくりのこじらせ女子でした。どうやったら結婚できるのか、迷走している時、結婚相談所に足を踏み入れることにしました。 その結婚相談所では、各人に担当の相談員の方がついてくださるので、安心して色々な方と出会う事ができました。そこ将来旦那さんになる方と出会えました。 交際をスタートさせ、デートを重ねていくうちに、相手の長所短所が見えてきましたが、私に対しての態度は終始一貫変わらず、優しく穏やかで、落ち着いたお付き合いを続ける事ができました。そして私自身結婚を意識し始めました。 決め手になったのは、どんな時でも私を優先して、動いてくれる事でした。私がベロベロに酔っ払い、醜態を晒して、歩けなくなっても、見捨てずにその場に一緒にいて優しく介抱してくれた時、「あぁ、この人なら何があっても私の見方でいてくれる。結婚しても大丈夫だ!」と思った瞬間でした。

カフェで声かけられて

出会いの体験募集をしていたら、こんな方もいました^^。

〈読者の体験談〉~~~~~~~~~

私は国際結婚をしているのですが、元々外国の方と結婚したいと思っていたわけではありませんでした。偶然カフェで声をかけてきた今の旦那さんに、最初は興味本位で食事などをする友人の一人だと思っていました。 結婚をしようと思った決め手は、ストレートに気持ちを伝えてくれたことと、海外でも私が困らないように生活をサポートするといってくれたことでした。異国での結婚は正直とても迷いましたが、年齢的にも20代後半でそろそろ結婚や子供を考えたいと思っていた時期でもありました。 最終的に結婚を決意できた理由としては、きちんと約束を守り実行してくれたこと、なんとなく付き合うということではなく結婚を前提に付き合いたいと将来のことをきちんと考えてくれたことだと思います。 仕事や年収などは正直あまり気にせず、相手が自分のことを本当に大事にしてくれる人なのかというところが一番の決めてになりました。 口で言うのは簡単なので、言ったことを実際に行動に出してくれる人がどうかも大事だと思います。

このように、出会いとは、いろいろなところにあるものなんですネ。

新しい出会いを引き寄せる幸せの4つのポイント

お金を惜しまない

何事もお金をかけずに、できるだけ安く済まそうとしたいものです。でも、心に決めたことを成し遂げるのに、まず、「お金はかけない」「できるだけ安く効率的に」「できれば無料のものを利用する」という考えが先にたつと、たいがい願いはかなわないものです。

何事も目的を達成して成功する人は、それなりに投資をしています。

婚活にもお金をかけましょう。お金はどこに遣うかというと、➀出会うためのお金 ②デートの準備をするお金 ③デートの際のお金 です。自分の趣味や飲食に使うお金は、婚活中はセーブしましょう。

お金をかけるという覚悟が、のんびりしていた脳に良い刺激を与えると私は日頃考えています

本気になれるのです。

まずお金のことが頭に浮かんでしまう人は、気をつけたいですね。

女性はトキメキを期待しない
これ、実は最重要!

読者の体験談からもわかるように、出会った瞬間に「この人だ!」と女性は思っていませんね。まあ付き合ってみようか、ぐらい。そのうち、相手の良いところを理解できるようになり、結婚に至る、という流れです。

もし、女性で「この人とは違う!」「この場にいない」「誰ともときめきそうにない」ということで、婚活パーティーなどで白紙でマッチングカードを出すようなことをしていたとしたら、

それは考えをあらためましょう。

年齢が高くなればなるほど、人の査定に厳しさが増す女性がいます。

あなたはそうならないように、注意してくださいネ。

最初のうちは、一人に絞らない

気に入った人を大事にして、丁寧に付き合っていく事は必要です。ですが、「この人となら結婚してもいい」「結婚したい」と自分が思うまでは、複数の人と付き合うのは許されない、ということではないでしょう。だって、まだそこまで意識が行っていないのだから。

その結果、タイミングがずれて、2番目に思っていた人と結婚することになるかもしれません。1番目でなくとも、そこそこ好きな人と結婚できるチャンスは拡がったわけです。

最初から一人に絞ってしまうと、2番目の人とも結婚に至らないということになります。このように、もう時間の余裕がないという方は、最初から一人に絞ってしまうと、リスクが高いですヨ。

もちろん、元々一人しかいなかった、という場合はこの限りではありません。

自分が結婚するイメージをもつ

自分が気に入っても、相手がウンと言ってくれないと、結婚は成立しません。何度も振られて、その度に立ち直り、また出会い、また付き合っては振られ、ということを繰り返すと、自分に自信がなくなってやけを起こしたい気持ちになることがあります。

そういう時のために、「自分はゼッタイに何年以内に結婚するんだ」と強い意志をもつことが重要です。その意志が明確であればあるほど、運を引き寄せてくれるでしょう。

一方、読者さんの中には、結婚を意識しないで付き合い始めたのがかえって結婚に結び付いた、と言っている方もいますが、そういう人も強い意志を持ち続けた中で、「この人だと意識しないで出会った人」と結ばれているのです。

合わせて読みたい**********

>>出会い系アプリは危険?!結婚につながる価値あるアプリはこれ!

******************

 

結婚したい人は寝る・食べる・仕事する 以外は婚活しましょう 管理人:KYOKO

恋愛結婚成功ガイドサイトの管理人の写真

婚活パーティーを開催している婚活コンサル直伝!リアリティが違う!メルマガ「プチ婚活戦略教室」の申込み(無料配信)

お申込みはここをクリックしてください。

婚活パーティーで40~70%の方がカップルになれる理由など、ブログではなかなか言えないこともメルマガで配信します!

恋愛婚活成功ガイドサイトのイメージ写真

最近の投稿

▲トップへ戻る