おデブでもハゲでもないのにモテない40代男性あるある

 

モテる男性とモテない男性の根本的違い

一番ダメなのが(モテないのが)、

そのままのオレを見てほしい!

というタイプ。

でも、それだから、これまで縁がなかったのでは?

 

これまでモテた経験がない方、これから先の記事はつらいけれど一度現実を見てほしいと思います。

 

女性が10人、男性が10人いるとして、

「用意ドン!」で女性は男性へ、男性は女性の元へと行くとしますね。

 

すると、女性は1~2人のモテる男性に集中します。

ところが、男性のリクエストは、多数の女性にバラけます

 

女性は良い遺伝子を残そうと無意識に体の中から良い男への所へ行けと指示され、オスとしての価値の高い男性の元へと群がるのですが、

男性は、自分の遺伝子を残す使命を受け、自分の好みの女であればその女の所に行けと体の中から指示されるのです。好みはパラバラ。

生物としてそうなっており、オスとしての価値の低いいわゆるモテない男性はずっと取り残されたままとなり、たとえ女性にリクエストを繰り返してもモテる人とは圧倒的に力が違うのです。

モテない男性はずっとモテないまま。

婚活パーティーでは本人が変わらなければ、ずっとモテないままなのです。

 

この違いはいつから始まっているのでしょうか?

 

モテる男性は、見た目がいいとか悪いとかに関わらず、思春期の頃からモテるための努力や行動をして、オスとしての価値を高めています。

➀ある人は一生懸命勉強して学歴を高め、

②ある人は特技や技能を身に付けて将来に備え、

③ある人はルックスを磨き、

④共通して会話力、コミュニケーション力を磨きました。

婚活年齢になると、

女性からアプローチされる存在となり、また周囲も放っておくこともなく

婚活パーティーに参加すれば美人とマッチングし、

それこそ、良い遺伝子として、

女性が本能的に寄ってくるタイプとなるのです。それは、見た目に関係なく、です。

モテない男あるある

モテない男性は、思春期に上に掲げるようなモテる努力をしなかった、と言えます。

または、親から勉強だけを強要され異性への気持ちをシャットアウトされていたか、想像するに思春期に何か大きな事件事故があり心が傷ついていたか、です。

思春期にモテる努力をしていた人は、

成人してからさらにその効果が発揮できるため、

たとえ離婚しても複数回結婚することができます。

何度も言いますが、そういう人はブサメンでもモテる人はモテています。

中学時代にモテ始めたA君は、イケメンではないけれど社会人になってもモテていましたね。

モテない男性は人生たった一度の結婚もできるかどうか、という二極分化なのです。

今、モテていない人は、だからといって、過去に戻ることはできません。

では、これからどうするのか、このままモテないまま結婚相手も見つからないのか、どうすればいいんだ、ということを真面目に考えましょう。

何年もモテてきた人とのギャップを埋めるのは、それなりの努力が必要です。

婚活パーティーなどで、モテる人の引き立て役にずっとなっているあなたも、モテる男性をそろそろ本気で見返しましょう。

では、まず、自覚がないと始まらないので、モテない人とはどういう人かを認識してください。

オレはモテないと自覚してるけど・・・やってみるか

モテない男診断~モテそうでモテない男性も原因はここにあった!?~

ご自分でもモテていないということを自覚している人がほとんどですが、下記に該当していないかどうか、もう一度見直してみましょう。下記項目は、多くの女性が「こんな男性はイヤだ。」とアンケートで回答した項目も多数含まれています。

【婚活イベントで】

□ 効率が良いとされる結婚相談所はお金がかかるので、できるだけ安い婚活パーティーだけで自分は相手を見つけるつもり。

□ 婚活パーティーでは見た目が大事だというけれど、洋服は新しいのをいつも買えないから有り合わせのものを工夫して着ることが多い。

□ 自己紹介では誰よりも自分の実力を大きく見せてスゴイ人だと思わせるべきだ。

□ 自己紹介では、ありきたりの自己紹介になっているかもしれないがどうしようもない。

□ 婚活パーティーでの自己紹介ではいつも緊張してしまいうまく話せない。

□ 婚活パーティーでの会話はどちらかというと自分がメインに話す方だ。

□ 婚活パーティーでの会話は自分からはほとんど話さない。

□ 若くて綺麗な女性がいると、自分の立場、相性、相手の気持ちは考えず、まずはそちらの方とのマッチングを希望する。あくまでそれが自分の希望なんだからいいんだ。

□ モテる人より自分は理想が高い。(だがそのことに気づいていない。)

□ いつの日か、イケてないこのままの自分でも好きだと言ってくれる女性が現れるに違いない。

□ 自分と同じ年代の女性は対象外だ。

□ 体型や顔はブサイクでお金持ちでもないが、自分の優しさに気付いてくれる美女が現れると信じている。

□ 変われ変われと言われるけれど、このままでいい。変わりたくない。でも、美女の恋人が欲しい。

【見た目】

□ 顔がイケてない。(ニキビ跡が多い、鼻が大きい、オデコが広い、頭が絶壁等)

□ 30代からお腹が出てきて、ワイシャツの腹部がパンパン。

□ マッチングアプリでも見合いでも写真で断られたことがある。

□ 服装も清潔とは言えない

□ 風呂は毎日ではない(髪を洗わない時がある)

□ 鼻毛、ヒゲのそり残しがある。

□ フケがある。

□ 髪の毛の後退を気にしていない。

□ 40代だが他人から見て、自分はおじさんに見えると思っていない。

□ 40代だが、自分は年齢より若く見える方だと思う。

□ 歯の黄ばみが強い。

【日常生活】

□ 食事の後は、楊枝でチーチーする。

□ 食後に歯をみがかない。

□ タバコ臭がする。

□ 口臭がある。

□ 日常会話の中に、自分の上司、同僚、パートの女性たちの悪口や批判が無意識に入ってしまう。

□ 日常会話の中に、シモネタが無意識に入ってしまう。

□ 会社の飲み会では、上司の悪口をよく言う。

□ 自慢話が多い。

□ 自分と同じ年代または年下でもある程度の年の女性を「おばさん」と言っている。

□ 会社のパートの女性を「おばさん」と言っている。

□ 努力は自分に向かない。努力は嫌い。

□ 給料は良くなく、仕事もあまりやる気がない。適当にやっている。

□ 一生低賃金で働かざるを得ない。

□ 部屋が片付いていない又は極端に片付いている。

【デート】

□ きっちり割り勘。あるいは女性に奢らせる時もある。

□ デートの約束をしようとして相手に断られたら、「ではいつならいいの?」と食い下がる。

□ しつこく誘う。

□ 断られたとき、自分の何がいけなかったのか聞こうとする。

□ デート当日、段どりをしていない。

□ レストランの予約をするまでにあれこれ迷って時間がかかり、機を逃す。

□ 服装のセンスがない。

□ 食事のマナーが悪い・・・クチャラー。ナイフとフォークが使えない。高級レストランでソースやマスタードを要求する。

□ 相手の都合を考えず、デートで会うと長時間拘束する。 

 

いかがでしたか?

いくつと言わず、これは皆、モテない人の行動及び心と頭の中です。

エリートなのにモテない。モテそうなのにモテない。20代なのにどの世代からもモテない。いつもいい人止まり。モテそうと言われるけれどモテない。そういう人には理由があるのです。

そうしたモテない人みーんな、以下の対策でモテ男子に変身してください---♪♪

婚活パーティーで一度もマッチングなし!モテなかった男子の3つの策

婚活始めて1年経つのに、まだ一度も本格的な付き合いに発展していない男性には、モテる人が普通にやっていることを、まったくやっていない、という特徴があります。もし、貴方が該当したら、以下の3つのことを守るだけで、モテモテになった男性が現実にいますので、その秘密を探りましょう!

■ ただ高望みをやめただけ

若くて美人ばかりを狙って、これまでマッチング経験ゼロ!

誰もが若くて美人を狙うため、「学歴」「スタイル」「年収」の全てが良くないとその美人からは選ばれません。この3つがそろっていなくても、どこかが突出して優れていればマッチングの可能性はあります。が、そうでなければ無理というものです。奇跡をいくら夢見ても実現しません!

***こういう話をすると、何故か「自分は突出して優れたものがある」と自分を過大評価する男性がいます。突出している人は、100人に1人いるかいないかぐらい。そういう人は、この記事を読むことはないと思います。***

 

ある男性は、これまで自分の好みの女性だけを狙って、何度も婚活パーティーに参加していました。が、一度もマッチングしたことがないどころか、誰からもたった一度でもリクエストはされませんでした。

ある日、その事実を知って彼は愕然としました。

「オレは第一印象が悪いらしい。」

と気づいたのです。

容姿は認めたくないが不細工。そこで彼は、女性が好むファッションの研究をし、いつも爽やかなジャケパンを着て来るようになりました。ちらほらと彼の名前をマッチングカードに書く女性は現れ始め、それまでのゼロという状況からは脱出しましたが、やはり好みの美人さんとはマッチングできませんでした。

そこから彼は、自分を見つめ直し、同時にモテている人の彼女がどういう人か観察しました。すると、必ずしも若くて美人と付き合っているのではないと気付いたのです。

人は自分に無いものを求めがちです。ブサイクな人は美人を、体の弱い人は健康な人を、年とった人は若さを・・。でも、人には釣り合い、というものがあります。分相応という言葉もあります。自分を客観的に見れる人であればあるほど、分相応という言葉がわかるはずです。

彼は高望みをやめようと思いました。

近くを見回すと、多くの感じの良い女性がいることにやっと気付いたのです。

近くの感じの良い女性は、モテない彼にはすぐには目もくれませんでしたが、彼がいろいろと親切に声をかけてきたり、面白い話をしてくれるようになったので、社内の女性の評判は目に見えて良くなっていったそうです。

 

 

■ 自分自身の魅力が足りないことに気付いた

婚活パーティーに何度出ても、自分の名前をマッチングカードに書いてもらえない

・・・婚活パーティーは、ライバルが多いですね。イケメンがいれば、その人に女性は持って行かれます。お腹も出ている、髪もちょっと薄い、年収もさほどいいわけではない、有名大学を出ているわけでもない、という自分は、何で勝負すべきか、その男性は真剣に考えたのです。

そこで、真面目に働いている会社でも評判が良い性格が温和で争いごとを好まない、という自分の長所をアピールすることで勝負しようと決めました。

かといって、それをアピールするには、女性と会話をしなければなりませんから、女性の抵抗感をなくし、話しかけられやすいように、服装も女性の好みに合わせて清潔感を出し、さらに、ジムに通ってお腹をへこませ、最終的には、洋服の似合う姿に変化させました。

スタイルは自分の努力で変えられますから。

 

彼がやったこと

女性が好む外見を作った ⇒ 高望みをせず、女性から話しかけられるチャンスを増やした。  

 

■ 自慢話をやめ、相手にたくさん話をさせて自分は会話に参加しつつ聞こうとした

・・・自分の自慢話が終わった後は、相手のプライバシーを根ほり葉ほり、事実だけを聞き取り調査のように聞いて会話が終了、という会話にならない会話がそれまで多かったとその彼は気付きました。

事実を知るのはお互い様でも、そこから会話が発展するように仕向けなければ、自分の長所も相手に伝えることができないと気付いたのです。

彼自身は、趣味も多くなく、会話のネタに困るタイプだったのですが、女性が話しやすいように水を向けたり、女性の話を興味深そうに聞く姿勢を心掛けるようにしたところ、多くの女性がマッチングカードに彼の名前を書くようになりました。

さらに彼は、たいがいの女性が映画が好きだということに気付き、映画のことを一生懸命勉強するようにしました。時間を作って、仕事帰りに映画を観たり、外国の俳優の名前を覚えたりしました。

数か月すると、彼は劇的にモテるタイプの男性に変わりました。今も婚活をしていますが、以前の彼とは違って、ステージが各段に上がっています。生涯のお相手と出会うのも、そう遠くないことでしょう。

さて、上の3つを守れれば、間違いなく今よりモテるようになります。婚活パーティーでは、誰かがあなたの名前を書いてくれるでしょう。

彼がやったこと

女性が好む外見を作った ⇒ 高望みをせず、女性から話しかけられるチャンスを増やした ⇒ 女性に話の主導権が行くように仕向け、女性に話をさせて聴いた

 

以上です。

でも、モテない人は、これらたった3つのこともしようとしないんですよね。

努力することが何でも嫌いなんです。

こうした方がいい、という人のアドバイスも「ふうん」で終わり。

だから・・・いつまでたってもモテないんです!

女性は努力しない男性に対して、生物としての価値を認識しませんから。

モテない男性の内面の特徴

非モテ男性とは・・・ここでは、婚活始めて1年たっても女性と付き合ったことがない、マッチングしたことがない、という男性のことを言っています。女性と付き合う、というのは、一方的な気持ちではなく、ある程度相手も貴方のことがいいかな、と思って、付き合った、ということです。

あなたがもし、思春期以降、いつもモテない、彼女いないという、そういう状況だとしたら、

恐らくあなたは、上のモテるための3つのことをやる勇気はないのでは、と私はちょっと心配。

だいたい努力することが嫌いな人が多いから。

この記事を読むこともないかもしれません。

まして、婚活パーティーで、平気でモテない服装をしてくる男性は、論外です。そもそも、「この格好でいい。」と思い込んだか、家族に聞いたか、あなたと同じくモテない友人に聞いたような服装で参加しても、「女性が好む外見を作った」とは言えません。

×とにかく自信がない(意識しているいないに限らず)

×見た目が悪い

×自分を棚に上げて高嶺の花だけを狙おうとする

これらが非モテ系男子の特徴です。

これらに加え、

何事にも引っ込み思案になってしまっている。

恋愛どころか、仕事さえなぜかうまく行かないのは、

そういうところが、足を引っ張っていたりするんですね。

 

一方、モテる男性は、

自信が身体からあふれ出ています。

その自信に根拠のない場合もあります。

根拠がないから自信をもてないなんて思わず、

とにかく胸をはる!(でも自慢話はダメ)

男性は、生まれた時から自信いっぱいに生まれてくると言われています。

生まれた時からですヨ。

あなたは、真面目に働いていないのですか?

イヤイヤ仕事をしているのですか?

ずるいことや、不正をしているのですか?

そうでなければ、あなたは自信をもちましょう!

次に思春期の頃の話。

時間は元に戻らないので、今さら聞いても仕方ないかと思いますが、あなたが親になったとき、
この話を思い出してみてください。

経験が足りないことについては、
何とかなります!

すごい小説を書く人が、
その経験をしているわけではありませんから。

大事なのは、こういう話を読んだとき、

ふうん、で終わりではなく、

素直に従ってみることです。

 

お伝えしきれないことがまだ多々ありますが、その状態では彼女はできない、という男性の方が目立つので、次回の婚活パーティーに向け、この記事は緊急にしたためました。

最後までお読みくださりありがとうございます。

あなたのご健闘をお祈りします。

 

婚活コンサル KYOKO

 

合わせて読みたい*************

>>ブサメンの婚活はこうする!

>>太め男性が婚活パーティーの服装でオシャレに大変身!

*********************

結婚したい人は寝る・食べる・仕事する 以外は婚活しましょう 管理人:KYOKO

恋愛結婚成功ガイドサイトの管理人の写真

婚活パーティーを開催している婚活コンサル直伝!リアリティが違う!メルマガ「プチ婚活戦略教室」の申込み(無料配信)

お申込みはここをクリックしてください。

婚活パーティーで40~70%の方がカップルになれる理由など、ブログではなかなか言えないこともメルマガで配信します!

恋愛婚活成功ガイドサイトのイメージ写真

最近の投稿

▲トップへ戻る